親知らずを抜歯するメリットとデメリット

意外と知らない親知らずについて学ぼう

抜歯をする意味を知っておこう

親知らずを抜歯するデメリットは治療後に

親知らずは、ほとんどの歯が悪影響を与えてしまいます。
では親知らずを抜歯することにデメリットはないのでしょうか。
メリットがある限りやはりデメリットもあります。
それは治療後の痛みです。
親知らずを抜歯した時は麻酔が効いているため、痛みはそこまでありませんが、時間がたつにつれて痛みは増えていきます。
場合によっては歯茎が腫れてしまう事もありますので、痛みを和らげる薬を飲まなくてはいけない事もあります。
なので抜いてしまったら終わりではなく、痛みはしばらく続いてしまいます。
通院も痛みが続く限り行くことになったら、治療費がかかってきてしまいますので、抜歯することでのデメリットは治療後の痛みやその間の治療費の問題くらいでしょう。

親知らずを抜歯するメリットは口全体に関係

親知らずを抜歯する事のメリットは沢山あります。
実際問題親知らずの治療は痛みはありますが、のちの事を考えたら、親知らずは早めの治療が良いのです。
痛みだけではなく健康な他の歯もダメにしてしまうからです。
親知らずのように奥まったところにある歯は磨き残しから虫歯になりやすいのですが、他にも口臭や歯並びに関係してくるからです。
口臭はやはり相手に不快な思いをさせているのではないかと気になってしまい、過剰なストレスを抱えてしまう事がとても多いのです。
その為にも磨き残しは避けたいものです。
親知らずの抜歯は虫歯や歯周病のように直接歯に関係した事だけがメリットではなく、口の中全体のメリットにもなっているのです。
親知らずの治療を考えている方はお医者さんとよく話し合い治療に進んでみてください。


この記事をシェアする