親知らずを抜歯するメリットとデメリット

意外と知らない親知らずについて学ぼう

親知らずはすぐに歯医者に行くことが大事

親知らずはそのままにしないで即治療

親知らずを残す必要はない状態はどのような生え方の時でしょうか。
皆さんが思っている以上に親知らずは抜くのが大変なのです。
親知らずが生えてきた時には、全ての歯が生えそろっている状態なので、ほとんどの場合生える場所がなく斜めに生えてきてしまうことが多いのです。
そうすると痛みを生じてしまったり、せっかくよかった歯並びも悪くなってしまう場合があります。
最も親知らずの生え方で最悪の生え方と言うと、歯茎の中でになってしまい見えない部分で歯を押し付けている状態です。
なので気付くのが遅く、痛みを生じてから気づくことがほとんどです。
そうなると患者に負担になる治療しなければいけないので、親知らずの治療としては一番辛い治療となるでしょう。

親知らずの維持は本当に難しい

皆さんは1日に歯磨きを何回されますか。
朝起きてから磨き、食後に磨いたりと、一日に歯を磨く機会は沢山あります。
歯磨きは適度にやるのが良いとされていますが、いくら丁寧に行ってもなかなか磨き残しがないということは難しいことなのです。
そんな中で親知らずがはえる場所は特に磨き残しが目立つ場所でもあります。
親知らずを丁寧に磨くことを意識しないと、虫歯になる原因になってしまいます。
高齢になるまで自分の歯を維持するということがとても難しい中、親知らずは特に抜かない場合気にする必要があるでしょう。
自分の磨き方に自信がない時歯医者さんは正しい歯の磨き方の相談ができたり。実際に歯を磨く方法を学ぶことができるので、お近くの歯医者さんに行き、相談してみるのも良いかもしれません。


この記事をシェアする