親知らずを抜歯するメリットとデメリット

意外と知らない親知らずについて学ぼう

歯はとっても大切、だからこそ守りたい

親知らずとは一体何か

親知らずは一体どのような歯なのでしょうか。
子供の歯は大体15歳までに大人の歯に生え変わり全ての歯が揃います。
しかし親知らずとは大人になってから見つかることが多いです。
親知らずは全て抜く必要があると思っている方も少なくないでしょう。
しかしそうではないのです。
親知らずは生え方によっては全く悪さをしない事もあります。
逆に抜かずにいた方が、歯のバランスが良くなる場合もあるので、一概に親知らずだからと言って全て抜いてしまうべきとは限りません。
親知らずが出てきたらまずは歯医者さんに行って、この親知らずはどうするべきなのかをレントゲンなどで判断してもらってください。
良い親知らずは残して、歯のかみ合わせやきれいな歯並びの為の為に役に立ってもらう様にしましょう。

親知らずの特徴と必要性

親知らずが生えてきた時に、全て抜いてしまわないといけないということではありません。
どう見分けるのかと言うと、歯を抜くかどうかの条件として一番重要なのは親知らずの生え方です。
親知らずはすべてが歯の邪魔をするわけではなく、きちんとした方向で生えてくる親知らずもあるため、親知らずが生えてきたからといって落ち込む必要はありません。
親知らずが生えてきた時点で、残すのか抜いてしまうのかは歯医者さんに任せるしかないので、すぐに歯医者さんへ行くのをお勧めします。
レントゲンを一つ取れば行くか行かないかの判断ができるため、治療料金はかからないので安心してください。
もちろん親知らずの治療費は保険対象となっているので、そこまで患者の負担になることはないでしょう。


この記事をシェアする